ペットボトル等で節水  

水道修理業者貯水タンクに満タンの水を入れたペットボトルを入れるという方法が多くの人たちに奨励されて、全国でまねをする人が増えました。しかしこれでトイレのつまりを引き起こしやすくなるとして、水道修理業者の間では奨励されていません。それはトイレの構造に由来した理由があるからです。トイレは貯水タンクと便器のワンセットになっていますが、ふたを開けると確かにペットボトルが2本はいる隙間があります。

ペットボトルの節水術はこのデッドスペースとも思える空間を、うまく利用した節水方法で画期的と持てはやされました。しかしながら問題は詰まりやすくなる事です。貯水タンクから流れてくる水は単に汚物を流すだけではなく10m以上押し流す事という規定に基づいて計算され尽くされているものですから、この方法で節水すると基準以下の水量になってしまいますから、すなわち大きな汚物はうまく流れきる事ができずに途中で詰まってしまう危険があるのです、最悪配水管破裂を招きかねません。

そうなると節水どころの話でなくなります。同様の意味で他の節水グッズの使用も基本的に奨励されません。実際これらの節水方法でのつまり件数は圧倒的に多いのです。もし節水をしたいのであれば他の方法を検討した方が賢明です。


  1. トイレのつまりとは
  2. 節水トイレのつまり