トイレのつまりとは 

トイレの水トイレのつまりは起こっては困るのですが、想定外の事がしばしばおこります。大半は異物のつまりが原因ですが時として間違った使い方をしたために引きおこされる事があります。トイレの構造をきちんと理解しておけば起こらなかったかもしれない事も含めると、トイレをつまらせる原因はいくつもある事がわかります。要はけして故意ではないのですが、つまりやすい構造になってしまっているのです。ですかトイレはつまりやすいと理解した上で、つまらないための工夫をしながら使っていく事が重要なのです。

10年ほど前に節約ブームがおきました。徐々に高くなっていく物価を前に少しでも出費を押さえて節約生活を送ろうという考えが日本中に広まりました。1ヶ月1万円で暮らそうなどという企画まで作られて話題になりました。その際に消費生活の中で最も出費が多いのは何かという話になった時に、その筆頭に上がったのがトイレの水です。

確かに1日に多い時で3回ないしそれ以上流水していますから、かなりの水量を使っている事は確かです。ではトイレの水をなるべく使わないようにしようという事で、節水対策を取る人が全国に広がりました。その中で評判になったのは水が満タンに入ったペットボトルを貯水タンクに入れるというものです。確かに節水効果はあがりましたが、別の問題が浮上しました。現在はあまり聞かれなくなりましたが、これからこの方法を導入しようと考えている人がいるなら、慎重に行った方が無難です。少なくとも水道業者ではトイレがつまりやすくなると警笛を発しています。


  1. ペットボトル等で節水
  2. 節水トイレのつまり