節水トイレのつまり 

トイレの進化は目覚ましく様々なタイプが各メーカーから売り出されていますから、予算をかければ機能的かつ快適な近未来型トイレを手軽に手に入れる事ができます。多くの新型トイレに共通しているのはいかに清掃の手間をはぶきながら効率よく汚物を流すかという点にあります。実際最新型の便器を見ると内部の構造が明らかに違いますし、タンクレスのトイレも登場しています。

便器いわゆる節水トイレとは流水量を少なくして電気代と水道代を節約しようというもので、大手有名トイレ業者各社で扱っています。タンク式の場合はハイフォン形式を使って水量を減らしながらも、便器の内部構造に一工夫をこらしていてうずを巻きながら便器横から出水した水が渦をまきながら落ちていきます。大小便を内部に引きこんでいく設定になっており、公共トイレで多くみかけるようになりました。

その他にもタンクと便器をメーンにユニークな機能が豊富についたものが出回っていますから、便器を変えたいと思っているならショールームをのぞいてみるのも良いかもしれません。難点はやはり水量が大幅に節水できる分だけつまりやすい事です。トイレットペーパーを使う時は少量ずつ使うなどの工夫が必要です。


  1. トイレのつまりとは
  2. ペットボトル等で節水