節水トイレのつまり 

トイレの進化は目覚ましく様々なタイプが各メーカーから売り出されていますから、予算をかければ機能的かつ快適な近未来型トイレを手軽に手に入れる事ができます。多くの新型トイレに共通しているのはいかに清掃の手間をはぶきながら効率よく汚物を流すかという点にあります。実際最新型の便器を見ると内部の構造が明らかに違いますし、タンクレスのトイレも登場しています。

便器いわゆる節水トイレとは流水量を少なくして電気代と水道代を節約しようというもので、大手有名トイレ業者各社で扱っています。タンク式の場合はハイフォン形式を使って水量を減らしながらも、便器の内部構造に一工夫をこらしていてうずを巻きながら便器横から出水した水が渦をまきながら落ちていきます。大小便を内部に引きこんでいく設定になっており、公共トイレで多くみかけるようになりました。

その他にもタンクと便器をメーンにユニークな機能が豊富についたものが出回っていますから、便器を変えたいと思っているならショールームをのぞいてみるのも良いかもしれません。難点はやはり水量が大幅に節水できる分だけつまりやすい事です。トイレットペーパーを使う時は少量ずつ使うなどの工夫が必要です。


  1. トイレのつまりとは
  2. ペットボトル等で節水

ペットボトル等で節水  

水道修理業者貯水タンクに満タンの水を入れたペットボトルを入れるという方法が多くの人たちに奨励されて、全国でまねをする人が増えました。しかしこれでトイレのつまりを引き起こしやすくなるとして、水道修理業者の間では奨励されていません。それはトイレの構造に由来した理由があるからです。トイレは貯水タンクと便器のワンセットになっていますが、ふたを開けると確かにペットボトルが2本はいる隙間があります。

ペットボトルの節水術はこのデッドスペースとも思える空間を、うまく利用した節水方法で画期的と持てはやされました。しかしながら問題は詰まりやすくなる事です。貯水タンクから流れてくる水は単に汚物を流すだけではなく10m以上押し流す事という規定に基づいて計算され尽くされているものですから、この方法で節水すると基準以下の水量になってしまいますから、すなわち大きな汚物はうまく流れきる事ができずに途中で詰まってしまう危険があるのです、最悪配水管破裂を招きかねません。

そうなると節水どころの話でなくなります。同様の意味で他の節水グッズの使用も基本的に奨励されません。実際これらの節水方法でのつまり件数は圧倒的に多いのです。もし節水をしたいのであれば他の方法を検討した方が賢明です。


  1. トイレのつまりとは
  2. 節水トイレのつまり

トイレのつまりとは 

トイレの水トイレのつまりは起こっては困るのですが、想定外の事がしばしばおこります。大半は異物のつまりが原因ですが時として間違った使い方をしたために引きおこされる事があります。トイレの構造をきちんと理解しておけば起こらなかったかもしれない事も含めると、トイレをつまらせる原因はいくつもある事がわかります。要はけして故意ではないのですが、つまりやすい構造になってしまっているのです。ですかトイレはつまりやすいと理解した上で、つまらないための工夫をしながら使っていく事が重要なのです。

10年ほど前に節約ブームがおきました。徐々に高くなっていく物価を前に少しでも出費を押さえて節約生活を送ろうという考えが日本中に広まりました。1ヶ月1万円で暮らそうなどという企画まで作られて話題になりました。その際に消費生活の中で最も出費が多いのは何かという話になった時に、その筆頭に上がったのがトイレの水です。

確かに1日に多い時で3回ないしそれ以上流水していますから、かなりの水量を使っている事は確かです。ではトイレの水をなるべく使わないようにしようという事で、節水対策を取る人が全国に広がりました。その中で評判になったのは水が満タンに入ったペットボトルを貯水タンクに入れるというものです。確かに節水効果はあがりましたが、別の問題が浮上しました。現在はあまり聞かれなくなりましたが、これからこの方法を導入しようと考えている人がいるなら、慎重に行った方が無難です。少なくとも水道業者ではトイレがつまりやすくなると警笛を発しています。


  1. ペットボトル等で節水
  2. 節水トイレのつまり